旦那の浮気調査


旦那の浮気調査をしたくて探偵に相談すべきか悩んでいる方は以下をタップ or クリック!。

▼無料相談はコチラから▼
旦那の浮気調査の相談


旦那の浮気調査を検討したい方

こんな悩みをもっていませんか?

旦那の浮気調査

  • こそこそLINEをしている
  • スマホにロックがかかるようになった
  • 週末に家を空けることが多くなった
  • 帰ったとき服に香水の匂いがついている

旦那の浮気で探偵に相談するにしても、どこに頼めばよいかわからない方がほとんどです。

沢山ありますし、費用も不透明ですので、どこを選べばよいか分からないと思います。そこで、探偵比較サービスの使用をおすすめします。場所や条件から、沢山の探偵事務所から、最適の探偵事務所を紹介してくれるサービスです。

以下より無料診断できます。

探偵について

不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、性的関係を持つことをいいます。不倫であればパートナーとその交際相手に慰謝料を求めることができます。探偵を頼んでパートナーの不倫の証拠を握った上、不倫行為への慰謝料を要求することで現実を見せ、きっぱりと別れさせる

興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて不倫関係を解消させるまでいったのに、帰宅時間がルーズになったり、ふとしたLINEやメールの着信により浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。その前の浮気に対する処罰が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、次はないということを実感させるような厳しい措置が必要でしょう。スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで不倫が露見するといったケースも増えてきました。スマホが主流となっている今、メールやLINEなどに不倫の履歴が隠れていると考えるのが妥当でしょう。いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、と思われます。警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。

浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、鬱状態に陥りやすいようです。考えられることは、やはり精神的なストレスでしょう。ダブル不倫だの片方が既婚者だのの場合、不安やストレスをウツの症状が固定化されてしまうのです。そして、裏切られた配偶者もまた、ウツになりやすいと言えるでしょう。不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、ちょっと手間でも何社かに見積りしてもらうことを推奨します。そうすれば請求書が来てから悩むこともないでしょう。それから、抵抗感はあるかもしれませんが、不倫調査の対象者について知っている情報をなるべく詳細に説明しておくと、調査時間の短縮になる上、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。子供のいる親が離婚する時は、不倫していた親のほうは親権が得にくいという話が蔓延しているようです。裁判上の親権の判定では、生活を共にしているかどうかやなどを重くみる傾向があります。調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいか

興信所や探偵などの調査業者が提供している浮気の行動探索では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。一見するとオトクに感じますが、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、長期間にわたる調査が必要な場合は断るときもあるそうです。さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は高額な請求が来ることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。浮気の相手が判明してから3年、あるいは不倫行為そのものがあってから20年が期限となっています。それに、時効期限が近づいているときでも、裁判を起こすことで、時効が迫っているなら、訴訟することも方法の一つです。しかしそこまで重たく感じる必要は実際のところ、ないと思います。離婚云々はさておき、浮気の証拠があれば何にしても有利であることは間違いありません。あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵業者に調査を依頼する

概算の見積もりを知りたい方

一番不安なのは費用だと思います。調査時間30分2,500円~というのが相場ですが、地域によって相場は異なります。はじめてだと、いくらかかるのか分からないと思います。

こちらの浮気診断シミュレーターは、匿名であなたのご依頼の概算見積もりを出してくれます。

調査してほしい日にち、調査相手の居場所に対応できる探偵社を紹介選別してくれます。

▼詳細はコチラ▼
浮気調査の相談


都道府県一覧

ページのトップへ戻る